市立病院移転白紙に・柏市医師会が市長に要望

しんぶん赤旗 2015.12.4

千葉県柏市が市立柏病院(同市布施)を約4km離れた柏の葉地域に移転を計画している問題で、柏市医師会(金江清会長)は11月25日、移転計画を白紙に戻し、市立病院のあり方について再検討するよう、秋山浩保市長に要望しました。

柏市医師会は2月、現在地には病院機能は必要であり市立病院の移転事業を凍結するよう市に要望し、秋山市長は移転凍結を決めました。

今回の要望書は、移転凍結の決定後、新たな進展もなく半年が経過したと指摘。▽市立柏病院のあり方について白紙から検討する▽あり方を検討するため委員会を設置する|ことを求めています。

秋山市長は昨年、市立病院の移転計画を発表。周辺住民や市民団体が移転計画の撤回、現在地再整備を求め反対運動が広がっています。日本共産党市議団は移転計画に反対し、現在地再整備を求めています。

もどる