改憲反対を多数に=椎葉比例候補・斉藤衆院議員訴え

しんぶん赤旗 2016.2.11

手を振って参加者の声援に応える斉藤衆院議員・椎葉かずゆき参院比例候補と市原市議ら

千葉県の日本共産党市原市委員会と後援会は7日、市原市の五井会館大ホールで演説会が開きました。斉藤和子衆院議員、椎葉かずゆき参院比例候補が戦争法の廃止を求める2000万署名の成功と参院選勝利に向けた決意を語りました。

椎葉氏は、安倍自公政権の暴走政治が際立っていると指摘。「夏の参院選で少数派に追い込むためにも『2000万署名』をやりぬこう」と訴えました。

斉藤氏は、甘利明前経済再生相の口利き疑惑、原発再稼働、大規模開発の根本に政治を歪める企業団体献金があると指摘。「企業・団体献金禁止法案を提出し、一切受け取らない共産党を参院選で伸ばしてほしい」と呼びかけました。また、戦争法廃止の必要性を強調し、安倍政権が国民の権利を制限する「緊急事態条項」を明文改憲の突破口にしようとしていことを批判。「7月の参院選で戦争法廃止、改憲は許さない多数を占めよう」と呼びかけました。

演説会では、「活かせ憲法市原市民連絡会」の共同代表や民話の「語り部」の方からのあいさつと、浅野ふみ子参院千葉選挙区候補の木更津高専時代の恩師から激励するメッセージが寄せられました。

もどる