茂原つどい「保守にも共同広げよう」浅野・斉藤両氏

しんぶん赤旗 2016.3.1

千葉県茂原(もばら)市の日本共産党後援会は市内で2月27日、浅野ふみ子千葉選挙区候補と斉藤和子衆院議員を迎え、新春のつどいを開きました。

浅野候補は、安倍政権の打倒をめざす市民の力と共産党の踏ん張りによって5野党合意が実現したと語り「国民の願いを確実に実現するためにも、椎葉かずゆき候補をはじめとした比例での共産党躍進を」と訴えました。

懇談したある首長が「戦争はだめだというのは保守の人間にも共通の思いだ。だから(5野党だけではなく)自民党(支持者)とも手を結んで運動を進めてほしい」と期待を語ったことを紹介し、「戦争法廃止を訴えて保守の中にも打って出よう」と呼びかけました。

情勢報告をした斉藤議員は、陸上自衛隊木更津駐屯地のMV22オスプレイ定期整備拠点化の危険性を指摘。「米国の報告書では、アフガンでの故障頻度は標準3700時間に1度なのに対してオスプレイは90時間にl度。オスプレイは沖縄の空にも千葉の空にもいらない」と訴えました。

つどいに初めて参加した森田千恵子さん(75)は、「政治の驚ような変化を感じた。参院選で共産党を大きくしたい」と話し、志位委員長と浅野候補の大判の連名ポスターを持ち帰りました。

もどる