2000万署名達成をめざす千葉県革新懇学習決起集会
5野党は心を一つに全力を

2016.3.21

会場いっぱいの人で埋まった革新懇学習決起集会

革新と正義のための千葉県の会(千葉県革新懇)は21日、千葉市の県教育会館で、憲法学者の小林節慶応大学名誉教授を迎えた「安倍政権は倒せる!5野党合意を力に戦争法廃止を 2000万署名の達成をめざす」学習決起集会を開き、会場いっぱいの500人超が参加しました。

「安倍暴走を止めるために」と題して講演した小林氏は「自民党が5野党の選挙協力を『野合』というが、立憲主義・立憲政治・憲政の常道の回復という、大義のうえに野党は手を結ぶ。これは正義の連合で『野合』などではない」と強調。「5野党合意で『勝ち目』がでただけで、5野党が心を一つに全力でたたかわないと勝つことはできない」と訴えました。

日本共産党から浅野ふみ子参院千葉選挙区候補が出席してあいさつし、2000万署名を達成し、参院選で必ず勝利して戦争法を廃止に追い込む決意を表明しました。社民党と生活の党がメッセージを寄せました。

集会では、戦争法廃止と「2000万署名」の取り組みが報告され、「戦争法施行日に国会前で『お茶会』抗議を行う」(安保関連法に反対するママの会@ちば)、「署名を呼びかけるチラシ6万枚と受取人払いの封筒1万枚作って活用する」(戦争させない!2000万署名推進八千代実行委員会)、「有権者2割の署名8万人を達成しないとやめられない」(戦争させない・9条壊すな!2000万署名総がかり松戸実行委員会)などと決意を述べました。

もどる