アベ政治を許さない!市民パレード・市原

2016.3.21

戦争法反対の横断幕を先頭にパレードする参加者たち

千葉県の「活かせ憲法市原市民連絡会」や市原市の「9条の会」は27日、買い物客でにぎわう市原市更級(さらしな)の商業施設周辺で、9回目の「アベ政治を許さない!」市民パレードを行い、約100人が参加しました。

主催者を代表して同連絡会の松下佳紀共同代表があいさつし「野党が共闘し、声をあげて安倍政権を退陣に追い込もう」と呼びかけました。

浅野ふみ子参院千葉選挙区候補が参加してあいさつし「安倍政権は、オスプレイやイージス艦などの兵器購入など軍事費が5兆円を超えている」と指摘し、「この間違った税金の使い方を切り替え、戦争法を廃止させ、福祉、医療、教育を支える政治の転換に全力を尽くします」と訴えました。

戦争法の廃止を求める2000万署名も呼びかけられ、22人が署名しました。

パレード終了後に、「ママの会@いちはら」の主催で、参院選立候補者との交流会が開かれました。

もどる