千葉中央メーデー=平和と暮らし、民主主義守ろう

2016.5.1

千葉市中央公園で開かれたメーデー

千葉県では、第87回中央メーデー(同実行委員会主催)が千葉市の千葉中央公園で開かれ、約1800人が参加しました。

主催者あいさつで松本悟千葉労連議長は「今年のメーデーは、戦争する国づくりにストップをかけ、平和と暮らし、民主主義を守る総決起の場」と強調。「安倍政権は憲法・立憲主義違反の戦争法を施行した」と批判し、「『戦争法廃止、立憲主義を回復せよ』とママの会やシールズ、ティーズソウルが立ち上がっている。平和と暮らし、民主主義を守る市民革命を成功させよう」と呼びかけました。

日本共産党の斉藤和子衆院議員があいさつに立ち「参院選は戦争を許すのか、安倍独裁政治を許すのか、それとも憲法9条が生きる民主主義が花開く日本をめざすのかが問われる選挙。労働者の団結で政治を前に動かそう」と訴えました。

集会終了後、参加者はサウンドカーを先頭にデモ行進しました。他にも各地区でメーデーが開かれました。

もどる