憲法記念日の集い・千葉=野党共闘かためる

2016.5.3

5・3憲法記念日の集い

憲法を守り・いかす千葉県共同センターと千葉県憲法会議は3日、千葉市文化センターで「5・3憲法記念日の集い」を開き、約650人が参加しました。

千葉県憲法会議代表幹事の高橋勲弁護士が主催者あいさつで「安倍政権は憲法9条を破壊し、戦争する国へと大転換を図っている」と批判し「戦争法廃止、立憲主義を取り戻すため、この房総の地から声を上げよう」と呼びかけました。

石川康宏神戸女学院大学教授は「安倍流改憲の道か、日本国憲法の道か―主権者は軍事立国を目指すアベ政治を許さない」と題して講演。安倍首相が明文改憲に意欲を示す自民党改憲案の危険な内容を学ぶ重要性を強調し、「平和と幸福を求めた日本国憲法を手放していいのか」と指摘。「戦争法廃止、立憲主義回復のため野党共闘をしっかりかためる国民市民の運動に力を発揮してほしい」と訴えました。

千葉県弁護士会の山村清治会長が来賓あいさつし、千葉県うたごえ協議会の合唱団が平和のうたごえを響かせました。

もどる