憲法宣伝・松戸=改憲とんでもない

2016.5.3

JR松戸駅前で宣伝する椎葉かずゆきさん、浅野ふみ子さん、みわ由美県議ら

千葉県松戸市のJR松戸駅前で3日、日本共産党の椎葉かずゆき参院比例候補、浅野ふみ子参院千葉選挙区候補、みわ由美県議、松戸市議団らが憲法記念日の宣伝を行いました。

椎葉候補は「安倍首相は憲法が現実に合わなくなったと改憲を明言しました。まさに戦争をする国づくりではありませんか」と批判し、「自民党政治が憲法に基づく政治を行ってこなかった」と指摘し「憲法をしっかり守り、憲法の理念を生かした国づくりに全力を尽くします」と表明。「参院選で憲法を守り、生かす日本共産党を大きく躍進させていただき自民・公明党を少数に追い込みましょう」と訴えました。

浅野候補は「安倍首相は、参院選で明文改憲を争点にし、国会で多数を握ったら憲法を変えると言っている。こんなことを黙って許しておくわけにはいかない」と強調。「憲法を守り、政治や暮らしに生かす日本共産党と浅野ふみ子に託してください」と呼びかけました。

松戸市の70代女性は「憲法を変えるなんてとんでもない。安倍さんを反面教師に憲法に関心を持つ人が増えている」と話しました。

もどる