3議席で議案提出権を=野田市議補選あす告示=松本氏奮闘

しんぶん赤旗 2016.6.4

マイクを持ち訴える松本昌子候補

市長選挙と同時実施の千葉県野田市議補選(定数2)が5日告示(12日投票)されます。日本共産党は松本昌子氏(70)=新=を擁立し、現有2議席から議案提出権が得られる3議席をめざします。

市議補選には、元職1人、新人4人の5人(共産1、民進1、無所属3)が立候補を予定し、3人オーバーの激戦になる見込みです。

市議会では、新日本婦人の会野田支部や共産党市議団が提出した「戦争法案の廃案を求める陳情」「社会保障費削減の撤回を求める意見書」などの案を公明党や保守系会派が否決しています。

松本氏は「戦争法の施行や明文改憲ををめざす安倍暴走政治に野田市から厳しい審判を下そう」と主張し、7年間介護ヘルパーとして経験してきた現場の深刻な実態などを語り「平和と暮らし、福祉が最優先の市政をめざします」と訴えています。

また、▽介護保険の充実と年金で入れる特別養護老人ホームの実現▽東葛地域で一番高い国保税の引き下げ▽保育所の民営化の中止▽早急に小中学校の教室にエアコンの設置──などの公約を掲げています。

もどる