千葉で比例票45万獲得し、選挙区でも勝利

2016.6.11

聴衆に手をかざしこたえる浅野ふみ子・椎葉かずゆき・斉藤和子衆院議員

千葉県木更津市で11日、日本共産党南部地区委員会主催の演説会が開かれ、斉藤和子衆院議員、椎葉かずゆき参院比例候補、浅野ふみ子参院千葉選挙区候補が「目前に迫った参院選で、千葉から比例で45万票を獲得し、選挙区でも議席を勝ち取ろう」と訴えました。

斉藤議員は、戦争法廃止の野党共闘が前進し、4野党(共産、民進、社民、生活の党)党首が国政選挙で初めてそろって、19日に合同街頭宣伝を行うことを紹介。「野党共闘が参院選で勝利し、共産党が比例の全国で9議席以上、椎葉候補と千葉選挙区では浅野候補を国会へ押し上げてください」と訴えました。

椎葉候補は「参院選は、戦争か平和か、独裁か民主主義か、まさに歴史の本流と逆流がぶつかり合う選挙戦です」と指摘。「憲法を守るという本流を前にすすめるためにも力を合わせよう」と述べました。

浅野候補は「陸上自衛隊木更津駐屯地へのオスプレイ整備拠点化は許さない」と強調。「3児の母として、子どもの未来に暗い影をおとす戦争への道から人が大切にされる平和への道に切り換えます」と力を込めました。

もどる