「安保法制廃止頼む」浅野候補訴えに聴衆語る

しんぶん赤旗 2016.7.3

マイクを持ち訴える浅野候補

日本共産党の浅野ふみ子参院千葉選挙区候補は2日、千葉市で「戦争法廃止、平和、くらし守れ、の願いを日本共産党と私に託してください」と訴えました。

京成千葉駅前で浅野候補の訴えを聞いた30代の主婦は「うちも3人の子どもがいるので安保法制を廃止して、憲法を絶対守ってほしい」と話しました。

駅前でビラ配布のアルバイトをしている男性(44)は「公明党支持だけど今回は共産党に入れます。賃金を何とかしてほしい」と浅野候補に話しました。

JR海浜幕張駅前で浅野候補は100人以上の日本共産党後援会員や支持者とともに「比例で45万票を獲得し、千葉選挙区からは何としても私を国会へ」と宣伝しました。

千葉市花見川区の小学校に駆けつけ、240人の支援者に訴え。参加者から国会でやりたい仕事を聞かれた浅野候補は「土木の経験者として無駄な公共事業は中止して、雇用と福祉を守る仕事がしたい」と語り、大きな拍手に包まれました。

もどる