比例躍進浅野候補必勝を=志位委員長が訴え」

しんぶん赤旗 2016.7.7

椎葉かずゆき比例候補、浅野ふみ子選挙区候補とともに躍進を訴える志位和夫委員長

日本共産党の志位和夫委員長は6日、千葉駅前での街頭演説に駆けつけ、「最後の3日間が勝負を決めます。比例で日本共産党と書いていただく方を広げに広げてください。千葉選挙区も一票一票を争う大接戦です。猛追している浅野ふみ子さんを、みなさんの力で押し上げてください」と熱烈に訴えました。

聴衆で埋め尽くされた千葉駅東口の広場。仕事帰りの人たちも足を止め、聴衆の輸が広がりました。

浅野候補の「今度こそ千葉でも共産党の議席を勝ち取り、自公政権に厳しい審判を下そう。だれの子どももころさせない。戦争法は廃止し、憲法を守りぬきます」との訴えに、声援とドラムの音が響きました。椎葉かずゆき比例候補は「1票を争う選挙。平和を願う1票、くらしを直接応援する1票を日本共産党に託してください」と訴えました。

「安保関連法に反対するママの会@ちば」の宮本理恵さんと、中央学院大学教授の大村芳昭さんが応援演説に立ちました。

志位氏は「安保法制=戦争法廃止、9条守れ」、「アベノミクスストップ、暮らし応援で経済を立て直す」、「TPP、原発、沖縄|国民の声に耳を傾けない強権政治を許さない」、「野党と市民の共闘を前進させる」──このl票を日本共産党と浅野候補に託してほしいと訴えました。

「戦争法と9条改定で日本を海外で戦争する国につくりかえ、自衛隊員の命を軽んじようとしているのは安倍首相の側ではないか」と訴えると、いっせいに「そうだ」の声があがりました。例年反戦平和を貫いてきた党への1票で「日本があの大きな犠牲の上に勝ち取った世界に誇る憲法9条を守り抜こう」との訴えに力強い拍手が送られました。

具体的データをあげ「日本はアベノミクス不況に陥っている」と述べた志位氏。年金積立金の運用でも昨年度と今年の6月までの損失は合わせて「約10兆円に膨らむ見通し」(「東京」5日付)との報道を紹介し、株式運用の拡大で大事な年金の積立金をリスクにさらして「10兆円も消してしまうような政治は大本から変えよう」と訴えると拍手が湧きました。

志位氏は、消費税に頼らない財源を示しながら、社会保障の拡充への転換や給付制奨学金の創設、認可保育園の緊急増設への支援などを訴えました。

〝憲法いきる政治ぜひ〟千葉で街頭演説 椎葉・浅野両候補に期待

志位委員長の訴えに聞き入るたくさんの市民の皆さん

有力5氏が当落線上で激しく争う参院千葉選挙区(改定数3)。6日、千葉市の千葉駅東口で開かれた日本共産党街頭演説は、開始前からたくさんの聴衆がつめかけました。

志位和夫委員長、椎葉かずゆき参院比例候補、浅野ふみ子参院千葉選挙区候補の訴えに「頑張れ!」と声援や拍手、ドラム音が何度も響きました。

市原市の内田秀子さん(65)は「仕事の空き時間に、電話かけをしています。何としても共産党を大きくして、憲法を生かす政治をしてもらいたい」と話しました。

もどる