支持の輪広げ勝利を・志位委員長浅野候補と

しんぶん赤旗 2016.7.9

宣伝カー上から訴える志位委員長と浅野・椎葉両候補

日本共産党の志位和夫委員長は8日、大激戦の千葉選挙区(改選数3)の船橋、松戸両市で党躍進と、浅野ふみ子選挙区候補の必勝を呼びかけました。

応援演説で、「市民の代表として浅野さんを国会へ送りたい」(「市民選対勝手連@ちば」の岩月佐和子共同代表)と熱い言葉が送られた浅野候補は「平和と暮らしがかかっています。主権者の力で政治を変えよう」と訴えました。

志位民は、野党と市民の共闘の成功と、日本共産党躍進という二大目標の達成へ最後まで頑張り抜く決意を述べ、参院選の大争点をズバリ指摘しました。

「自衛隊員を、海外の『殺し、殺される』戦場に送っていいのか。これがいま問われている大問題です。自衛隊を合憲と考える方も違憲と考える方も、立場の違いを超えて、『その道は絶対にやってはならない』という審判を下しましょう」

志位氏が「安保法制=戦争法はきっぱり廃止し、世界に誇る宝物である憲法9条を守り抜くl票は、日本共産党にお寄せください」と訴えると、大きな拍手に包まれました。

志位氏は、安倍晋三首相が遊説で都合の良い数字を並べる〝アべノミクス自慢〟と、野党共闘攻撃しか語れていないと指摘し、「日本経済と暮らしをどうするかのビジョンが語れなくなった政権党は、退場するしかありません」ときっぱり。格差をただし、経済に民主主義を確立する「三つのチェンジ」について語りました。

聴衆から「(対話で)夫が自民党市議だったという人が『入れる』と言ってくれた。最後まで声をかけきりたい」との決意が返ってきました。

くらし守るこの1票=千葉浅野氏に共感の声

マイクを持って訴える浅野史子候補

当落線上で猛追している日本共産党の浅野ふみ子参院千葉選挙区候補は8日、船橋市、松戸市で志位和夫委員長、椎葉かずゆき比例候補とともに街頭演説を行いました。

「誰の子どもも殺させない、戦争法は廃止します。憲法9条を生かした平和外交に切り替えていこうではありませんか。比例も、選挙区もl票を争う大接戦、大激戦です。平和、くらし守れの願いを日本共産党と浅野ふみ子に託してください」と力強く呼びかけました。

千葉市の女子大学生(19)は「戦争ができるようになったら怖いし、今の政治はお金持ちだけが優遇されて不公平だと思う」。一緒に来た母親(51)は「戦争法廃止のために野党共闘をしていることに共感しました」と話しました。

日本共産党の支部、後援会と市民の猛奮闘で、浅野候補は他候補を激しく追い上げています。

党県委員会は「無党派層にアピールすることがカギ」として、最終日も街頭に出て元気にアピールするとともに、最後まで対話・支持拡大に力を尽くそうと呼びかけています。

「今回は憲法守る党ヘ」市民口ぐちに・船橋街頭演説

横断幕を掲げて日本共産党の演説を応援する参加者

「今回は、憲法を守る政党に入れようと思っている」。参院選挙戦で改憲問題が争点として浮上しています。8日、JR船橋駅前(千葉県船橋市)で行われた日本共産党の街頭演説を聞いた市民は、口々に平和への思いを語りました。

「自民党のホームページでは、自民党憲法改正草案がどこにあるのかわからない。多くの人に気づかれないようにしていると感じます」。こう話すのは、小池愛姫さん(40)=船橋市=。学習塾を開いています。「平和でなければ子どもに教育はできません。千葉選挙区の浅野ふみ子候補をはじめ日本共産党の議席を伸ばして、戦争法を廃止して憲法を守りたい」

大学教員の男性(36)=習志野市=は「安倍首相はアべノミクスばかりを語り、憲法問題の争点を隠そうとしている。これまでも同じように選挙で争点にせず、秘密保護法や安保法制を強行しました」と述べ、日本共産党をはじめ野党4党に期待します。「憲法について9条も大事だけれど、25条を生かした政治が必要です。貧困と格差の問題を是正しなければ」と語りました。

ビラを受け取り、足を止めて演説を聞いた女性(41)=佐倉市=は「憲法を守る政党に入れようと思っている」といます。「子どもたちを戦場にりたくない。自衛隊入隊希望が減る中で、〝経済的徴兵制〟が始まることも懸念しています。歯止めをかけるためにも平和憲法を守りたい」

もどる