「戦争はいやだ」山武地域の会ピース傘ウオーク

しんぶん赤旗 2016.10.22

「ピース傘ウオーク」でアピールする参加者

千葉県山武(さんぶ)郡市の市民団体「戦争はいやだ山武地域の会」は19日、成田空港に飛行機が離発着を繰り返す、芝山町の「道の駅」前で、18回目の「ピース傘ウオーク」のスタンディングを行いました。

同地域の会は、戦争法で、「戦争は許さない」の一点で思想・信条・支持政党のちがいをこえて、ほぼ毎月、6市町内で、雨傘に「戦争はいやだ」と書いてアピールしています。

国会前抗議行動に行けないが、地元で怒りを行動にしたいという参加者が次々とマイクを握り、「南スーダンPKOで駆け付け警護の新任務を与えられた自衛隊が『殺し、殺される』ことになりかねません」「成田空港は開港時に軍事利用は認めないという『取極書(とりきめしょ)』を交わしたにもかかわらずイラク戦争時に軍事物資の輸送に使われました。戦争法で軍事利用は避けられません」と訴えました。

行き交う車のドライバーがクラクションを鳴らし激励するなど注目を集めました。

もどる