無料受診できる病院紹介=労働・生活なんでも相談会・柏

しんぶん赤旗 2016.12.28

テントを張って相談を受ける

ちば派遣村in東葛実行委員会は26日、千葉県柏市のJR 柏駅東口などで「第10回労働・生活・健康なんでも相談会」を行いました。弁護士や医師、社会保険労務士など専門家が無料で相談に応じ、ボランティアが案内のチラシを配るなど約100人が参加しました。日本共産党の加藤英雄県議が協力しました。

相談件数は45件で「派遣で働いているが労働契約書をもらっていない。仕事ももらえていない」(30代男性)という相談に、スタッフは労働基準監督署に申告するべきだと助言。60代のホームレスの男性からの「ぜんそくのせきが出ると仲間からうるさいと言われるから、医者に行きたい」との相談には、無料受診できる病院を紹介し、受診を促しました。「家族が借金を抱えていて夜も眠れなかったが、よい弁護士さんを紹介してもらえて本当に助かった」(高齢女性)と喜びの声もありました。

同会事務局長の上野充弘さんは「アベノミクスという偽の経済政策が生活を切迫させる状視を作り出している。今後もこの活動を続けていきます」と閉会あいさつしました。

もどる