党県委員会がさいとう衆院議員とともに新春宣伝

横断幕の前でマイクを握り挨拶する斉藤和子衆院議員ら

日本共産党千葉県委員会は4日、千葉市のJR千葉駅前で、さいとう和子(衆院南関東比例・千葉13区重複)衆院議員とともに新春宣伝をしました。勤務員16人が参加し、「日本共産党南関東事務所便り1月号」を配布しました。

さいとう氏らは、あいさつを述べ、安倍自公政権は、国民の声を踏みつけにする政治をしていると指摘。「暮らしを支えてほしい、戦争はいやだ、平和がいいという当たり前の願いを強権的に押し返そうとする政治の転換が問われています」と強調し、「安倍政権と対決し、国民のみなさんと新しい政治を築くために全力を尽くしますと訴えました。

ビラを受け取り、食い入るように見ていた千葉市在住の女性(60)は「共産党は新年早々頑張っていますね」と激励。介護施設で働いている千葉市在住の60代女性は「自民党政治は独裁的で不満だらけ、数の力で舞い上がって、国民の声を聞こうとしない。いつも共産党を応援しています」と話しました。

もどる