大多喜町議選あす投票る=国保税引き下げ訴え・野中候補

しんぶん赤旗 2017.1.11

宣伝カーの前で政策を訴える野中まゆみ候補

千葉県大多喜(おおたき)町議選(定数12)は、1人オーバーの大激戦のまま15日投票日を迎えます。

日本共産党の野中まゆみ候補(70)=現、4期=は、最後まで県内初の中学校給食の無料化を実現した実績を強調し、「引き続き議会で、高すぎる国保税の引き下げや介護保険料・利用料、水道料金の軽減、有害鳥獣対策の強化などを実現するため働かせてください」と訴えています。

野中候補の訴えに町民からは、「政策をまじめに訴えているのは共産党だけ」「学校給食の無料化で頑張っている野中さんに期待している」などの共感や激励が寄せられています。

選挙戦では、他陣営が地縁・血縁をテコに支持固めに奔走し、新しい議会で主導権を取ろうと、大幅な票の上積みをも目論む、1票1票を奪い合う激戦です。

共産党と後援会は「安倍暴走政治から町民の命とくらしを守る議会をつくるため、しっかり働く共産党の野中候補への支持を広げに広げてください」と呼びかけています。

もどる