共同が進めば政治は変わる=変える4区が発足・船橋

しんぶん赤旗 2017.4.5

衆院千葉4区内(13区以外の船橋市)で、安保法制(戦争法)廃止と立憲主義の回復を求める市民団体「選挙で変える!4区船橋市民の会」(略称・変える4区)が1日、発足しました。

船橋市内で開かれた市民連合「変える4区」の発足集会には約140人が参加。五十嵐仁法政大学名誉教授が「安倍政治のいきづまりと『市民連合』への期待」と題し、記念講演しました。五十嵐氏は、安倍政権の南スーダンPKO(国連平和維持活動)への自衛隊派遣の破たんや「森友学園」問題などを挙げ、「その政権基盤は極めて脆弱(ぜいじゃく)であり、市民と野党の共同が進めば政治は変えられる」と訴えました。

もどる