衆院千葉小選挙区市民連合発足相次ぐ=安倍政治の流れ変えよう

しんぶん赤旗 2017.4.21

13区市民連合集会参加者みんなでコール

千葉県で、次期衆院選に向けて小選挙区で市民と野党の共闘を前進させようと、15日に6区と8区、13区で、16日に5区でそれぞれ市民連合が発足しました。

このうち、印西市内で開かれた「千葉13区市民連合」設立集会には425人が参加。ジャーナリストの高野孟(はじめ)氏が「安倍『一強』政治の流れを止めよう!」と題して講演。安倍政権の「森友」疑惑や「天皇退位」問題、「共謀罪」法案、「アベノミクス」が総括できないでいる問題などを指摘し「だいぶ追い込まれていくのではないか」「野党が力を合わせて、市民とともに安倍政治の流れを変えていく、知恵を出していこう」と話しました。

集会では、日本共産党、自由党、社民党、新社会党、緑の党、市民ネットワーク千葉県の各代表が連帯のあいさつをしました。


▽衆院千葉5区=市川市(本庁管内の一部・行徳支所管内)・浦安市)
▽同6区=市川市(5区以外)・松戸市(本庁管内・常盤平・六実・矢切・東部支所管内)
▽同8区=柏市(旧沼南町除く)・我孫子市)
▽同13区=船橋市(豊富・二和出張所所管内の一部)・柏市(旧沼南町)・鎌ケ谷市・印西市・白井市・富里市・印旛郡

もどる