千葉市長選必勝へ決起集会「暖かい市政大野さんで」=5月14日告示

しんぶん赤旗 2017.4.28

たくさんの人で埋め尽くされた決起集会

千葉市長選(5月14日告示、28日投票)に、労働組合や民主団体、日本共産党が参加する「あたらしい千葉・みんなの会」は25日、千葉西民主商工会前副会長の大野たかし氏(47)=無所属新、日本共産党推薦=の必勝を期した決起集会を千葉市内で開き、150人が参加しました。

市長選は、現職の熊谷俊人氏(39)が立候補を表明しています。

同会の大竹敏彦会長があいさつし「現市長は当初、市民本位の市政を実現すると言っていが、公約を次々と投げ捨て大型開発を優先し、福祉を切り捨てた」と批判。「私たちの要求を実現する大野新市長を誕生させよう」と訴えました。

さいとう和子衆院議員(南関東比例・千葉13区重複候補)が激励に駆けつけ、今審議中の「共謀罪」法案の危険性をリアルに報告。「市長選では、共謀罪法案や種子法の廃止、カジノ解禁推進法など安倍暴走政治に千葉から審判を下そう」と呼びかけました。

大きな拍手で演壇に迎えられた大野市長候補は、トランプ米大統領が北朝鮮に対し「全ての選択肢がある」との姿勢を安倍首相が評価したことを批判。「これでは市民の安全は守れない」と述べ、「国いいなりで、福祉サービスを削る熊谷市政を変えたい」と強調。重点公約として、▽学校の普通教室にエアコンの設置▽国保料1世帯1万円の引き下げ▽カジノ誘致の中止▽新庁舎建設を保留し耐震補強する―などを掲げました。

日本共産党の野本信正市議団長が熊谷市政2期8年間の市民に冷たい「逆立ち」した市政の実態について報告し、各団体の代表が大野市長候補への期待を表明しました。

もどる