立憲主義と9条講演会開き学ぶ=千葉11区市民連合

しんぶん赤旗 2017.9.10

千葉11区市民連合が主催する「立憲主義&9条と日本国憲法」講演会が3日、千葉県大網白里市で開催されました。

千葉県憲法会議代表幹事の高橋勲弁護士が「安倍改憲の危険な本質、主権者としてどう立ち向かうか」と題して講演しました。

高橋弁護士は「憲法9条に、(自衛隊を明記する)3項を新設する『加憲』が行われると、3項で自衛隊を憲法上の規定として合憲化することになり、(戦力の不保持を定める)2項が死文化することになる」と話し「9条を変えてはだめ。戦争はだめ。立憲主義を守る。この大きな一致点で手を結び、市民と野党の共闘を前進させよう」と語りました。

今回の講演会には、自由党、日本共産党、新社会党の代表も参加。衆院千葉11区候補の、たがや亮(民進党)、椎名史明(日本共産党)の両氏があいさつしました。

もどる