野党共闘でがんばって=千葉県委員会が緊急宣伝

しんぶん赤旗 2017.9.19

マイクを持ち訴える浮揚県委員長ら

日本共産党千葉県委員会は18日、千葉市のJR千葉駅前で、緊急の宣伝を行い、「安倍9条改憲NO!憲法を生かす」全国統一3000万署名を呼びかけました。

勤務員ら12人が参加し、「北朝鮮の核実験とミサイル発射に厳しく抗議する」ビラと「しんぶん赤旗」日曜版(9月17日号)見本紙を配布しました。

浮揚幸裕県委員長、大野隆衆院千葉1区(千葉市中央区、稲毛区、美浜区)候補らがマイクを握り、「安倍首相は『9条改憲』『国政の私物化』で、国民の非難に追いつめられた解散ではないのか」と強調し、「この解散は国会の力関係を変えるチャンスです。市民と野党共闘をすすめる日本共産党に大きな支援をお願いします」と訴えました。

署名した男性(55)=会社員=は「安倍首相は『森友・加計』疑惑を隠して解散総選挙をするなんてとんでもない。民進党がどたばたしているけど、解散するなら野党共闘でがんばってもらいたい」と話しました。

この日は県内で、衆院小選挙区候補を先頭に10カ所で宣伝が取り組まれました。

もどる