野党共闘勝利・共産党勝利へ力を込め
山下副委員長とさいとう比例・13区候補

しんぶん赤旗 2017.9.25

山下副委員長と一緒に手を振るさいとう和子衆院議員

日本共産党の、さいとう和子衆院議員(南関東比例・千葉13区重複)は24日、山下芳生副委員長・参院議員とともに、千葉県印西市の大型商業施設前で演説し、野党と市民の共闘の勝利と共産党の躍進で憲法違反の安倍政権に痛打を与え、新しい政治を切り開こうと訴えました。

山下副委員長は「戦後最悪の安倍政権を倒すチャンスだ」と強調し、総選挙で問われる大問題と共産党の改革提案について詳述。「野党が力を合わせ、市民とスクラムを組めば倒すことはできる」と述べ、比例は共産党の大波をつくり出し、千葉13区でも「日本の農業と食の安全を守るエキスパート・さいとう和子さんを何としても押し上げてほしい」と呼びかけました。

さいとう氏は、国会議員として3年間の活動を振り返り、子ども虐待に対応する児童相談所の改善を求め、千葉県でも職員を5年間で200人増やしたことや日本一高いといわれる北総線の運賃引き下げのため、国の認可について内閣に質問主意書を提出するなど、住民の運動と結んで全力を挙げてきたととを紹介。「国政に国民の声を届けるパイプの役割として、共産党を大きく躍進させてください」と訴えました。

もどる