安保法廃止!オール千葉が県民集会
市民と野党の共闘「この道しかない」

講演する渡辺治氏 

安保法制=戦争法の廃止をめざす市民団体「安保法廃止!立憲主義・民主主義をとりもどすオール千葉県の会」(略称・安保法廃止!オール千葉)は9月30日、千葉市内で、「安倍壊憲を許さない!9・30千葉県民集会」を開き、約800人(主催者発表)が参加しました。

安保法廃止!オール千葉の渥美雅子共同代表が主催者あいさつし、「平和憲法を守るため立ち上がらなければいけないという思いで、今日、集会を開いた」と述べました。

一橋大学名誉教授の渡辺治氏が「かつてない市民の共同で安倍改憲を阻もう!」と題して講演。安倍改憲の狙いや、憲法9条に自衛隊を書き込む「加憲」の危険性を告発。「総選挙で、安倍改憲ノーの人たちを国会に送り込むこと、総選挙を通じて、市民と野党の共闘を再生することが重要だ。この道しかない」と強調し、「改憲を阻むために、かつてない大きな市民の共同づくりと運動が必要だ」と提起しました。

日本共産党の、さいとう和子前衆院議員(南関東比例・千葉13区重複候補)、民進党の小西洋之参院議員、社民党県連合、新社会党県本部、市民ネットワーク千葉県、緑の党県本部がメッセージを寄せました。

さいとう氏はメッセージで「安倍首相の9条改憲は、自衛隊の憲法上の追認にとどまらず、安保法制を合憲化し、無制限に海外への武力行使に道を開くことにその本質があります。総選挙でノーの審判を下しましょう」と述べました。

もどる