開発優先見直し訴え鈴木候補が事務所開き=柏市長選15日告示

しんぶん赤旗 2017.10.13

鈴木清丞候補 

千葉県柏市長選(15日告示、22日投票)で、「市民派市長を実現する会」の鈴木清丞候補(58)=無所属新、日本共産党、市民ネットワーク柏、新社会党が支持=の事務所開きが7日、同市で行われ、100人以上が詰めかけました。

鈴木候補は、憲法と平和都市宣言を市政に生かし、学校給食の無償化、市独自の給付型奨学金、地域ごとの「お出かけ支援バス」などの政策を掲げ、開発最優先の姿勢から市民生活応援姿勢への転換を目指します。

現市長の開発区域内への移転方針に市民が猛反対し、老朽施設の建て替えが遅れて北市立柏病院問題でも、現在地で早期に建て替えることを基本政策に掲げています。市長選は鈴木候補と現職の一騎打ちの見込み。鈴木候補を擁立する「会」には、日本共産党の5人を含む9人の市議が参加。現職は8年前に民主党推薦で当選し、2期目の選挙から自民、公明、民進の支援を受けています。選挙は「自公民」対「市民と野党会派」の構図となっています。

もどる