野党共闘の生方氏が党県委員会を訪問

しんぶん赤旗 2017.10.28

当選を祝い握手する生方氏と浮揚県委員長ら

22日投開票された総選挙の衆院千葉6区で善戦し、比例代表で復活当選を果たした立憲民主党の生方幸夫氏が27日、千葉市の日本共産党千葉県委員会を訪れ、市民と野党の共闘の重要性を語り、共産党の支援に謝意を表明しました。

党県委員会の浮揚幸裕委員長、松田義明書記長、川副邦明副委員長、浅野ふみ子参院千葉選挙区候補らが応対しました。

生方氏は、総選挙で共産党が候補者を取り下げ、共闘を率先して進めたことに敬意を表し、「共産党の英断に報いなければいけない」と強調。今後、憲法改悪が大きな課題になってくるとして「共産党と協力しながら、方向は改悪阻止で一致しているのだから、できるだけ広い集まりのなかで阻止していきましょう」と述べました。

浮揚氏らは「お互いに協力して阻止しましょう」と応じ、「市民と野党の共闘をさらに発展させましょう」と話しました。

もどる