まるごと共産党で熱気=志位委員長と語り合うつどい
「なぜ党名を変えないの?」「未来社会って?」─

しんぶん赤旗 2017.12.12

質問に答える志位委員長

日本共産党千葉県中部地区・花見川区委員会は10日、志位和夫委員長と市民が語り合う集い「ナマ志位トーク!in花見川まるごと日本共産党」を千葉市内で開きました。強く大きな党づくりに向けて、共産党への疑問や、支持を広げるうえで困っていることについて、志位氏が一つひとつ丁寧に回答する企画です。会場は満席となり、寄せられた質問には、党の綱領や歴史の問題に加え、志位氏のプライベートも。〝一緒にこの党を大きくしたい〟と入党を決意した参加者もいました。

「志位さんは作曲家を志望していた」「共産党は女性の地方議員数がトツプ」などの「○×クイズ」でにぎやかにスタート。志位氏は最初に、総選挙を日本共産党がどうたたかったかを報告し、市民と野党の共闘を前進させながら、いかにして共産党躍進をかちとるかという課題で、「共産党の大本のところについての疑問、支持を友達に広げるうえで困っていることに何でも答えます」と参加者の率直な質問に答えました。

党名変えない「二つの理由」

会場アンケートをもとに、司会者が「日本共産党は党名を変えた方がいいと思いますか」と問いかけると、参加者から「○」の紙も。志位氏は、党名を変えない「三つの理由」─理念・歴史・語源について語りました。「資本主義が抱える矛盾を乗り越え、搾取がない、すべての人間の自由で全面的な発達を保障する社会へ進む理念・理想が刻まれた名前です」「党名には、95年の反戦平和と民主主義の歴史がギュッとつまっています」「共産主義の語源はラテン語で『コムニス=共同』の意味で、支え合い協力していく社会をめざしています」と説明すると、「○」を上げた参加者もうなずきながら聞き入りました。

「日本に日米安保条約が必要だと思いますか」の問いで「○」の紙が複数あがるなか、「在日米軍は日本を守っているのでしょうか」と問いかけた志位氏。在日米軍の実態は「海外への『殴り込み』部隊」だと明らかにし、「日本を守るためではなく、逆に日本に戦争を呼び込む危険な同盟になっています。国民合意で、従層的な安保条約をなくし、それに代わる『日米友好条約』を結ぶのが私たちの提案です」と語りました。

〝力になりたい〟会場で入党者

志位氏は、「なぜ政党助成金を受け取らないのか」「野党連合政権の当面の役割は」など全部で17の質問に答えたうえで、最後に日本共産党に入党する意味を熱く訴え。「自然の世界の法則とは違い、社会の発展の法則は、ひとりでには進みません。人間がたたかってこそ社会は変えられます。社会の発展の法則に自分の生き方を重ねて生きていくのが、共産党員の生き方です」と入党を呼びかけました。

千葉市内の介護施設で働く女性(39)は会場で入党。「共産党は、お年寄りから若者までみんなのことを考える政治や、9条を守る仕事をしている。自分も力になりたい」と語りました。


共産党さらに理解できた<首都圏版掲載>

質問に答える志位委員長

千葉県の日本共産党中部地区委員会、花見川区委員会が主催し、志位和夫委員長を迎えて千葉市花見川区で10日開かれたつどい「なま志位トークin 花見川」は、参加者で会場がぎっしり埋まり、イスや資料も足りなくなる盛視に。参加者から出された質問に志位氏がわかりやすく答え、「共産党をさらに理解できた」との感想が聞かれました。

参加者が「○×」カードで回答するクイズやアンケートを受え、「共産党はなぜ政党助成金を受け取らないのか」「日米安保条約は必要か」など、志位氏が多彩に党の立場を語りました。質問は志位氏のプライベートにも及び、「作曲家志望だった」とのエピソードにはどよめきも。志位氏は作曲家・シューべルトの歌曲や映画「ゴジラ」のテーマ曲の魅力についても語りました。

自宅に投函(とうかん)されていた党市織団の市政アンケートに返信したことがきっかけで参加した高校l年の男子生徒(16)は「共産党は最後のとりでのような存在だと思っています。共産党が社会の大きな形、しくみについて考えを持つ党なんだとわかりました」と話しました。

党市議に誘われて参加した内藤立美さん(65)は「得るものがたくさんありました。共産党が『自由を実現しようとしている話はよかった」と笑顔。共産党を応援しているという山崎靖子さん(76)は「選挙の結果が残念で、どうしたら共産党のことをわかってもらえるかと考えていました。こういう会をたくさん開いて、共産党のことを知ってほしい」と語りました。

もどる