東金地域・九条の会が第10回総会=3000万署名を軸に

千葉県の「東金地域(東金、大網白里、山武の各市、九十九里町)・九条の会」は2日、東金市内で、2017年度第10回総会を開きました。

総会は、戸賀輝彦事務局長が1年間の経過と会計報告し、2018年に向けた①「安倍改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」(3000万署名)を軸に対話の運動をする②会独自で憲法を守るため国会請願署名に取り組む③「九条の会」のブックレットを利用した学習会の開催―などの方針を提案しました。

参加した会員が発言。「安倍改憲の憲法9条3項に自衛隊の明記は、ただ書き込むだけではないことを、分かりやすく訴えていく工夫が必要」「3000万署名を100人の目標で取り組もうとしているが、今一つ足が出ていない」「地域毎に日程を決めて署名行動をしてはどうか」など意見がだされたのを受けて、それぞれの地域で「9日行動」として「3000万署名」に取り組むことを決めました。

総会に先立ち、プチコンサートが行われ、シンガーソングライターの、いしい・たえさんがオリジナル曲の「星(ひかり)」「彩(いろどり)」など全5曲を熱唱しました。

もどる