成田空港強化「騒音」不安8割超す・横芝光町住民アンケート

しんぶん赤旗 2018.1.23

千葉県横芝光町で行われた議員全員協議会は19日、成田空港機能強化に関しての住民アンケート結果を公表しました。そのなかで佐藤晴彦町長は、日本共産党の山崎よしさだ町議の「空港の運用時間延長は認められない考えを堅持するか」と問われ、「重く受け止める」と述べました。佐藤町長は、協議会のあいさつのなかで、運用時間の制限見直しは厳しいことを表明しました。

アンケートでは、同空港のさらなる機能強化案への期待と不安や、町の将来についてなど11項目が設けられ、「騒音がひどくなる」(83.3%)「落下物の危険」(57.5%)「安眠が妨げられる」(40.3%)の回答がありました。

同空港機能強化の問題では、この間の住民説明会で、騒音の拡大や運用時間延長に反対の声が示されています。また、15日に行った日本共産党議員団との懇談で町側は、第3滑走路建設計画で騒音被害が拡大することや、騒音対策の線引きによって町が分断されるなど、それらによって人口流出につながりかねないとの懸念が示されていました。

同アンケートは昨年の10月26日~11月13日に町内全世帯を対象に行われ、有効回答数は、3729通(40%)でした。

もどる