船橋3・11キャンドルウォーク=原発はいらない

2018.3.11

原発はいらないのプラカードを掲げる参加者ら

千葉県船橋市の市民団体「脱原発船橋(仮)」は11日、東日本大震災・福島原発事故などの犠牲者を追悼し、原発に反対する3・11キャンドルウォークをJR船橋駅周辺で行いました。日本共産党の、しいば寿幸参院比例候補、斉藤和子前衆院議員、丸山慎一県議、船橋市議団が参加しました。

キャンドルウォーク出発前集会では、ロックマくんバンドがオリジナルソング「原発はいらない」を披露。参加者はリレートークで、「政府は、世界一厳しい規制基準だと原発再稼働をいまだにすすめている」「原発から撤退して、自然エネルギー中心の社会、日本にしよう」「国会には『原発ゼロ・自然エネルギー基本法案』という画期的な提案が行われた」などと訴えました。

飛び入りの参加者を含めて約60人は、「原発はいらない」と書いたプラカードとキャンドルを手に「原発再稼働反対」「いますぐ廃炉」と声を合わせて、繁華街を練り歩きアピールしました。

もどる