〝オスプレイいらない〟住民の会が反対行動・木更津

しんぶん赤旗 2018.4.2

暫定配備に反対する行動する市民らs

陸上自衛隊のオスプレイ5機が千葉県の木更津駐屯地へ暫定配備されるとの報道を受け、「オスプレイ来るな いらない住民の会」は1日、JR木更津駅前で、同駐屯地への暫定配備に反対する行動を行いました。市民や市議らが参加し、「危険なオスプレイはいらない」と口々に語り、プラカードや横断幕で行き受う人にアピールしました。

住民の会の呼びかけ人の一人、栗原克榮(かつよし)さん(67)は、オスプレイの暫定配備が常時の配備につながることや、有事の際には同駐屯地から飛び立つと批判し「平和都市宣言をしている木更津の町が、戦争の町になっていく危険性がある。木更津の町から、日本の空からオスプレイを一掃していく地道な活動を続けていく」と訴えました。

日本共産党の、しいば寿幸参院比例候補は「事故を起こす機体を飛ばさせるわけにはいかない。との計画を撤回させるために力を合わせよう」と呼びかけました。

行動に参加した、村田めぐみさん=同市在住=は「オスプレイの木更津配備は、暫定とはいえ納得がいかないです。(同駐屯地が)海に面しているととで(軍事的にも)条件が整っている。ずっと置かれる恐怖を感じます」と話しました。

もどる