北朝鮮問題、平和解決を=民青など大学新入生宣伝

しんぶん赤旗 2018.4.20

  シール投票して対話する青年

千葉県の日本民主青年同盟中部地区委員会と日本共産党中部地区委員会は3日から6日にかけて、JR蘇我駅前で、大学新入生を対象にした宣伝にとりくみました。

参加者は、独自に作成したシールアンケートやチラシをつかって宣伝。学生が自ら歩み寄って「3000万人署名」を書く様子もありました。

「気になることシールアンケート」では、多くの学生が「北朝鮮」の項目にシールを貼り、「南北会談が実現しそうなのはうれしい。平和に解決してほしい」との声も寄せられました。

「大学でどんなことをやりたい?」と聞くと、新入生は、「社会福祉士になるために勉強をがんばりたい」「中学校から卓球をやっていたので、卓球サークルに入って上達したい」「ボランティア活動をやってみたい」などと答えました。

5日の宣伝には、しいば寿幸・参院比例候補が参加しました。

もどる