党県委員会いっせい宣伝=ごまかし通用しない

しんぶん赤旗 2018.4.24

  マイクで訴える椎葉氏と浅野氏

日本共産党千葉県委員会は20日、船橋市のJR船橋駅前で、党国会議員団南関東(千葉、神奈川、山梨)ブロック事務所が呼びかける参院選勝利をめざす「いっせい宣伝日」に呼応した街頭宣伝を行いました。

宣伝には、しいば寿幸参院比例候補、浅野ふみ子参院千葉選挙区候補、丸山慎一県議、金沢和子船橋市議が参加しました。

しいば氏は「安倍政権は今や『底なし沼』、なぜこんなことになったのか」と強調し、「憲法を踏みにじる強権的政治による特定秘密保護法、安保法制、共謀罪などの強行採決し、そのつじつまを合わせるため嘘とごまかしで国民をだましてきたがいよいよ通用しなくなった」と指摘。「内閣総辞職に追い込もう」と訴えました。

浅野氏は「改ざん、隠ぺい、セクハラなど、本当に安倍政権の大きな問題です。こんな政治は止めさせるために全国各地で抗議行動が行われています。国民一人ひとりが主権者として安倍政権退陣まで抗議を続けよう」と呼びかけました。

もどる