第89回千葉県中央メーデー「大幅賃上げ勝取ろう」

しんぶん赤旗 2018.5.2

  壇上から挨拶する浅野ふみ子氏と整列した共産党地方議員ら

第89回千葉県中央メーデー(同実行委員会主催)は、千葉市中央公園で開かれ、約1200人が参加しました。

千葉労連の本原康雄議長が主催者あいさつで、「8時間働けば普通の暮らし、賃金、労働条件を実現することを要求の第一にかかげるとともに、安倍政権が狙う、9条改憲や『働き方改革』法案を断念させ、国民主権と民主主義を踏みにじる安倍政権の退場を求める総決起の場にしよう」と呼びかけました。

日本共産党の浅野ふみ子県副委員長・参院千葉選挙区候補、自由党の金子健一県連代表、緑の党の小西正人県本部運営委員長が連帯あいさつ。浅野氏は、民主主義の土台を壊す安倍政権の一連の問題を厳しく批判。「労働者の権利を獲得し、デタラメ政治を正し、本当の政治つくろう」と訴えました。

日本共産党の志位和夫委員長、小池晃書記局長、畑野君枝衆院議員が連帯のメッセージを寄せました。

参加者は、メーデー宣言を採択後、市内をデモ行進し、「大幅な賃上げを勝ち取ろう」「働かせ方改革はやめろ」とアピールしました。

県内では他にも、船橋、松戸、柏、市原、八千代の各地区メーデーが行われました。

もどる