いすみ市議選あす投票・井上候補「生活充実かならず」

しんぶん赤旗 2018.11.10

宣伝カーから訴える井上候補

千葉県いすみ市議選(定数18)は、3人オーバーの少数激戦のなか、あす投票日を迎えます。

他の陣営は、連日宣伝カーを運行し、街頭からも訴えたり、自転車に乗ってアピールするなど、一票一票を奪い合う激しい選挙戦が繰り広げられています

日本共産党の井上ひろみ候補=元=は、安倍暴走政治を厳しく批判。「3町(夷隅、大原、岬)が合併前の岬町議5期20年の経験を生かし、高すぎる国保税の引き下げや、地域ごとの防災対策の推進、子育て環境の充実に全力を尽くします」と訴えています。

党候補の訴えに市民からは、「国保税の引き下げは是非実現してほしい」「議会に共産党が必要だ」など、共感と支持が広がっています。

党と後援会は「井上候補への支持を家族、近所、友人などあらゆるつながりをいかし、投票箱が閉まるまで、広げに広げてください」と呼びかけています。

もどる