千葉市で成人式宣伝

マイクを持ってお祝いを述べる、しいば候補ら

日本共産党千葉県中部地区委員会と日本民主青年同盟は14日、成人式会場の千葉ポートアリーナ(千葉市中央区)に向かう新成人に向けて宣伝と「選挙に行きますか」の新成人意識調査を行いました。

宣伝には、しいばかずゆき参院比例候補、浅野ふみ子千葉選挙区候補、寺尾さとし県議、いとう章夫、江田ちよ両県議候補、千葉市議団(7人)と、あぐい初美千葉市議候補が参加しました。

しいば氏らが交代でマイクを握り、お祝いのメッセージを送りつつ、「消費税10%増税ではなく、アベノミクスで大もうけした大企業や富裕層に応分の負担で10兆円の財源ができます。その財源で給付制奨学金制度の拡充や学費の値下げ、最低賃金の引き上げ、長時間労働をなくし、安心して学べる、安心して働ける社会づくりに全力を尽くします」と訴えました。

新成人意識調査で「選挙にいきます」にシールを貼った女子大学生は「政治にはあまり関心がなかったが、世の中が悪くなっているように感じる」と話しました。

新成人の男子大学生は「沖縄の新基地建設でも国民の声をまったく無視して強行するのは問題です」と語りました。

もどる