すべての小中学校の普通教室に
エアコンの設置を

2018年8月21日 日本共産党千葉県委員会


千葉県のエアコン設置は 54.7%

─ 子どもたちを熱中症から守って! ─

命の危険がある暑さ 気象庁が警告

命に関わる危険な暑さが連日、日本列島を襲っています。

9月からの新学期では運動会の練習も始まります。残暑の中で涼む場所がなければ、愛知県豊田市の児童のような悲劇が繰り返される恐れもあります。

気象庁は緊急の記者会見(7/23)を開き、「命の危険がある暑さ。ひとつの災害と認識している」と警鐘を鳴らしました。

すべての教室にエアコンを設置させましょう。

遅くとも来年夏前に設置。予算確保を

文科省は57年ぶりに「教室の望ましい温度」を「30度以下」から「28度以下」に引き下げました。これを全国に文書で徹底してもエアコンがなければ実現できません。

日本共産党は、以下の取り組みを早急に求めます。

  1. ①保育園・幼稚園を含め未設置の自治体は、遅くとも来年度早々に設置工事に着手できるよう予算措置を講ずること。
  2. ②国が補助する「学校施設環境改善交付金」を現在の3分の1から2分の1に引き上げること。
  3. ③都が6分の1を補助し全教室に設置した東京都。千葉県でもエアコン設置補助を創設し、市町村を支援すること。
小中学校の普通教室への設置率
100% 船橋市、市川市、浦安市、松戸市、鎌ケ谷市、柏市、野田市、我孫子市、四街道市、印西市、酒々井町、栄町、成田市、香取市、神崎町、山武市、芝山町、横芝光町、長生村、白子町、長柄町、長南町
99~11% 流山市、八街市、富里市、多古町、いすみ市、一宮町、睦沢町、御宿町、木更津市
10~0% 千葉市、市原市、習志野市、八千代市、佐倉市、白井市、銚子市、旭市、匝瑳市、東庄町、茂原市、東金市、勝浦市、大網 白里市、九十九里町、大多喜町、君津市、袖ケ浦市、富津市、館山市、南房総市、鴨川市、鋸南町

(調査日2018/8/1)